あなたと創る“調布の未来”

調布アットホーム

わくわーく7号好評配布中!

わくわーく7号が完成しました!
調布市内で好評無料配布中!

wakuwork7_1.jpg

わくわーくは調布市福祉作業所等連絡会が発行する、およそ福祉らしくない福祉マガジンです。
4年前から年2回7000部を発行。調布アットホームで編集制作をし続けてきました。

どのくらい福祉らしくないかというと、7号の第一特集のタイトルは、「読者もですが福祉作業所訪問福祉作業所ってなんだか楽しい!」女子高生4人に福祉作業所に初訪問してもらって、作業を体験したり、パンを試食して感想を聞いたり。
お土産までもらっちゃいましたというのが記事。

wakuwork7_2.jpg

第2特集は、フットサルの写真です(笑)!
タイトルは、「調布の福祉作業所は私たち若い力が担っています」

wakuwork7_3.jpg

6〜7ページでは、調布駅前の「不動商店会」さんと中国料理「ゆえん」さんに日ごろ障害を持った人たちがよくしてもらっている感謝の想いをこめて表彰状を贈っています。
わくわーくでは、市内のコンビニや美容院に表彰状を贈る活動も続けています。

wakuwork7_4.jpg

そして裏面8ページは好評のライフスタイルインタビュー。
今回は1時間で3枚の水彩画を描いてしまうという非凡な才能を持つ方のインタビューです。

wakuwork7_5.jpg

障がいのある方も、それを支えるしごとのひとも、市民の方も関係なく、「わくわく」して暮らせるまちが豊かなまち。
わくわーくはそんな調布のまちのある日のシーンを切り取ってお伝えする雑誌を目指しています。

市内各所で無料配布中。ぜひコレクションしてください。