あなたと創る“調布の未来”

調布アットホーム

『多摩地域の豊かな暮らし』の魅力を再発見する ワークショップ開催

調布アットホームの主催イベントではないですが、代表の石原が主催するイベントのご案内です。

今回は、視野を少し広く、「多摩」を考える、『フューチャーセッションTAMA2015』と題した、多摩地域の魅力と課題、そして未来を語り合うワークショップを、首都大学東京の「91年館」という校舎をお借りして12月13日に開催します。

みなさんは、多摩地域の魅力はなんだと思いますか?
その魅力は日本の中で、世界の中でどうれくらいのランクづけだと思いますか?

まちおこしというと市町村単位で考えられがちですが、これは多摩全体のまちおこしを考えた取り組みです。

futuresessiontama2015.jpg

●第一部

首都大学東京の菊地俊夫教授に、「あらためて知ろう、多摩地域の魅力、豊かな暮らし、その可能性」と題して、多摩地域の魅力の再考と、地域比較を行っていただきます。

●第二部

参加者全員で「多摩地域」の魅力と課題、そして私たちにできること」を話し合うワークショップを行います。

語り合うだけでなく、多摩地域全体の課題解決に「コミュニティビジネスのスタイル」で挑む人たちのネットワークを作れたらいいなと思っています。

まずは定員70名の小さなワークショップですが、多摩地域の活性化に興味のある方、ぜひご参加ください。

※参加費は500円です。

申し込みは、下記からお願いします。
12月13日 『フューチャーセッションTAMA 2015』(東京都) | こくちーず

★☆★☆★☆★開催概要★☆★☆★☆
日時:2015年12月13日(日)
    13時~16時(12時30分開場)
会場:首都大学東京
    南大沢キャンパス「91年館」
主催:GOODLIFE TAMA/
共催:多摩CBネットワーク/
協力:首都大学東京
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆