あなたと創る“調布の未来”

調布アットホーム

副参事と語り合う20万人規模都市の協働・共創社会とは②

市といっしょにやるまちづくりって?
副参事と語り合う20万人規模都市の協働・共創社会とは②

201702_main.jpg

調布アットホームが間もなく丸7年を迎え、4月から8年目に入ります!
「手弁当に近いカタチでよくやってきたなあ」と役員ともども感慨にふけっています。

そんな記念すべきタイミングの記念すべきメニューを用意しました。2016年11月に開催した、「20万人規模都市の協働社会の姿とは?」の第2弾、調布市生活文化スポーツ部産業振興担当副参事兼産業振興課長、大島振一郎さんに「協働社会」について約45分語っていだだきます。

大島副参事は、前任の子育て課長時代に、調布駅前の人気スペースとなった子育て&多世代間交流カフェ「aona」の立ち上げに、市民側の我らが「ちょこネット」の竹中裕子さん、杉山裕子さんをサポートし、尽力された方です。

その「aona」もちょうど間もなく2年目を迎え、大きな成果と効果を生んでいるのは周知の通りです。
調布でまちづくりに関わりたいという皆さん、「協働社会」の先にどんな未来があるのか、大島副参事とともに語り合いませんか?

日時2017年2月22日(水)19時〜21時
会場 多摩メディアセンター イベントスペース
調布市調布ケ丘1-34-1ネクストバトンビル4F
株式会社グッドライフ多摩内
参加費会員無料。一般の方は1000円(茶菓付き)
主催調布アットホーム

申し込みフォーム