あなたと創る“調布の未来”

調布アットホーム

ネット・ソーシャルメディアでの情報発信に関する内容を2本立て

※2016年1月のアットホームカフェは、いつもと曜日も時間も場所も違いますのでご注意ください。

image

調布アットホームでは、アットホームカフェの場を使い、2016年2月に行う賞金10万円の「調布コミュニティビジネスコンペ」に向けた、コミュニティビジネス入門講座を1年かけて行ってきました。

今回は、コミュニティビジネスで起業しようという方や既に地域で活動している団体などが、ネットを利用してうまく情報発信、PRしていくためのヒントとなるような講座を行います。

2016年1月17日の日曜日、14時30分〜16時30分調布市教育会館での開催です。
終了後は、調布アットホームの2016年新年会を「aona」で行いますので、お時間のある方はぜひご参加ください。

image
前回のアットホームカフェの様子

アットホームカフェ概要と申し込み

※いつもと曜日も時間も場所も違いますのでご注意ください。

日時2016年1月17日(日)
会場 調布市教育会館2階会議室
(調布市小島町2丁目36番地1/調布駅から徒歩5分)
参加費会員無料。一般の方は初回500円、2回目以降の方は1000円(茶菓付き)
定員40人
主催調布アットホーム
懇親会調布アットホーム新年会 17時〜20時
懇親会場所「cafe aona」テーブル席
懇親会費4000円程度
懇親会定員20人程度(会員以外の参加も可)

申し込みフォーム

Facebookをお使いの方は、今回のアットホームカフェのFacebookページイベントに「参加予定」としていただくことで、このイベントに関する連絡事項や追加資料などの通知を受けられます。ぜひご利用ください。


講座タイトル

第一部
「スマホ・ソーシャルメディアを使った“友達に知らせたくなる”PR術」

調布スクラッチカード事業での「わたしの調布イチバン動画」の実例を中心に、コンテンツマーケティングの考え方を使ったネットPR術を紹介します。

講師:足利宏治(Webデザイン・デジタルコンテンツ制作・ライター/調布ITS代表)

第二部
トークセッション
「ネット、ソーシャルメディアでの情報発信○と×」

ゲストとして、足利とは古くからの知り合いでネットでの情報発信を仕事に活かしている伊藤緑さんを迎え、来場者の皆さんにも参加していただくトークセッションです。

進行役:足利宏治(Webデザイン・デジタルコンテンツ制作・ライター/調布ITS代表)
ゲスト:伊藤緑(作詞家・フリーランスライター/アイアンクリエイティヴ プロデューサー、広報ウーマンネット代表、いばらき美菜部代表社員)


講座の詳細

「スマホ・ソーシャルメディアを使った“友達に知らせたくなる”PR術」

調布スクラッチカード事業での「わたしの調布イチバン動画」の実例を中心に、コンテンツマーケティングの考え方を使ったネットPR術を紹介します。

スマートフォン、ソーシャルメディアを活用し、ローコストで「友達に知らせたくなる」「売り込まないで広告する」PR手法について試行錯誤したプロジェクトの裏側を包み隠さずお知らせします。

image
調布ITSがディレクションした調布スクラッチカード事業の公式サイト

こんにちは、調布アットホームのワーキンググループ「調布ITS」代表の足利です。

調布ITSは、2015年11月、12月の2ヶ月間開催された調布市・調布市商工会による調布スクラッチカード事業「2015 絆・ぬくもり がんばろう調布セール」のネットPRを担当することとなり、特にスマートフォン用サイトと、ソーシャルメディアを使った広報に力を入れました。

従来の広告が効かなくなっている情報過多時代で、「表立って宣伝しない」「見込み客に見つけてもらう」マーケティング手法「コンテンツマーケティング」が注目されています。

そこで、コンテンツマーケティングの考え方を使った企画として、調布のお店の店主が、自分がオススメする別のお店の商品を紹介する動画リレー「わたしの調布イチバン動画」を制作し、ソーシャルメディアを使って拡散させる取り組みを行いました。

この「わたしの調布イチバン動画」を作るにあたって考えたマーケティングの部分と、実際にどう制作したのかのクリエイティブの部分との両方について詳しく解説します。

さらに、コンテンツマーケティングの考え方やほかの実例なども紹介する予定です。

「ソーシャルメディアでの情報発信○と×」

ゲストとして、伊藤緑(作詞家・フリーランスライター/アイアンクリエイティヴ プロデューサー、広報ウーマンネット代表、いばらき美菜部代表社員)さんを迎え、来場者の皆さんにも参加していただくトークセッションです。 ネット、ソーシャルメディアでの情報発信について、成功例、失敗例を交えご紹介するとともに、参加者の皆さんからの質問に応えたり、皆さんの事例を伺ったりしたいと考えています。

以下、こんなことを話したいなと思っている内容です。

image
伊藤緑さんが代表社員を務める「いばらき美菜部」のサイト

初めまして。伊藤緑と申します。

足利さんとは「今日の岡江久美子」で一緒にコンテンツを作っていました。立ち上げ時、私が文章を書き足利さんに送ってサイトを作っていました。途中から足利さんにお任せしてしまいましたが……。

私自身は、「今日の岡江久美子」が縁で、ワニブックスから発行された、おめざ本の編集を2冊させていただきました。 足利さんと一緒にスタートしたコンテンツで、インターネットで情報を発信することの力を知りました。ネットの世界のスピードは本当に早く、流行りものもどんどん変わっていきます。常に頭を柔らかくし、新しいものに対応することが必要だと日々感じています。

仕事柄アーティストのサイトやSNSの管理もしておりますが、ファンの方の情報の早さに驚かされることもあります。それゆえ、自分で管理できないと情報発信が遅れてしまうという怖さもあります。そして、何より正確さ。オフィシャルと名乗ることの責任です。

会社員としてIT企業の広報を経験したことから、情報を媒体に伝える立場、ライターとして記事を書いていた視点から、記事を受け取る立場。両者を経験したことから、記者が書きたいと思うニュース性のあるリリースを書くことを学びました。音楽業界や広報という職種は一見華やかそうに見えるかもしれませんが、とにかく地道な作業の連続です。それがあってこそ、情報が伝わり、語れる人間になれます。楽をしては何も得られない。

楽しいと楽は、同じ文字でもまったく意味が違う、ということをよく言っています。また楽なことは、すぐに飽きますしね。なんて思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

image
足利がイラスト、伊藤さんがテキストを担当していた「今日の岡江久美子」の復活時のサイト


講師プロフィール

足利宏治プロフィール

Webデザイン・デジタルコンテンツ制作・ライター/調布ITS代表 多摩ソーシャル・ライターズ倶楽部メンバー

福岡県出身、東京都町田市在住。デザイン・印刷業界向けの商社で、DTP、マルチメディア、映像制作の販売促進、営業サポートを行う。2000年にフリーランスとなりWebサイトやデジタルコンテンツ制作を行い、ネットでイラストや文章を発信したことがきっかけで2004年からイラストレーター・ライターとしての仕事も始めた。2011年にFacebookのビジネス活用に注目し、縁があって調布でセミナーや勉強会をやるように。2012年から「調布コワーキングスペース準備室」メンバーとして、調布・国領などでIT勉強会を30回以上行う。2013年2月、3月に調布市産業振興センターとの共催で「ソーシャルメディア&クラウド仕事術講座」(全4回)を実施。2014年2月、3月には「ソーシャル&モバイル時代の情報発信術講座」(全5回)として同様の講座を実施。

blogram通信にライターとして参加中
技術評論社gihyo.jpに「週刊Webテク通信」連載中

伊藤緑プロフィール

作詞家・フリーランスライター
アイアンクリエイティヴ プロデューサー、広報ウーマンネット代表、いばらき美菜部代表社員

愛知県出身。28歳で作詞家になるために上京。30歳、作詞家デビュー。その後、企業広報担当として働く傍ら、作詞家から活動範囲をライティングにまで広げる。37歳でフリーランスとして仕事をスタート。作詞、ライティング、広報、専門学校講師といくつかの顔をもって過ごす。2006年、企業広報女性のコミュニティ「広報ウーマンネット」を立ち上げる。2008年は趣味が高じて、神社好き女子の会「神楽女会(かぐらめかい)」を立ち上げる。近年は、茨城県の農産物をPRする茨城県出身の女性を集めた会「いばらき美菜部」を立ち上げ、2014年合同会社いばらき美菜部として代表社員となる。また、音楽のフィールドでは、音楽制作会社兼プロダクションで、制作、アーティストプロデューサーとして、アーティストと近い場所での制作活動を行う。

●運営サイト

●関連サイト

申し込みフォーム